野球で賭ける方法:3つのコツと戦略

オンラインで野球に賭ける

野球シーズンは、スポーツベッターのパラダイス。30チームがそれぞれレギュラーシーズンで162試合プレイするので、野球では2,430試合に賭けることができます。ですが、ベッターが誘惑されるのはアクションの数だけではありません。野球は、利用できるオッズのユニークさを与えて、スポーツベッターにお金を稼ぐすばらしい機会を提供します。ベッターが野球の賭けに関連する共通の落とし穴を避ける限り、成功の見込みを最大限にします。この記事では、野球の賭けシーズンで良いスタートを切るために利用する最高のコツを3つ、それと戦略をご紹介します。

大本命への賭けは避ける

NFLやNBAなどの他のプロスポーツでは、最高のチームにはとてつもない勝率があることが多くなっています。NFLでは13-3 (81.3%) や12-4 (75%)になるチームがいつでもあります。NBAでは最高のチームはゲームでは通常は70%勝ちます。野球はNBAの試合数の2倍、NFLの10倍の試合数をこなすので、最高のチームでも負けることが多くなります。MLBでは、チームが100試合勝てば賞賛ものです。ですから、100勝62敗であれば、61.7%の勝率で、リーグ最高のひとつであると考えられます。 野球は変わりやすいスポーツで、一番ホットなチームはすばらしい先発ピッチャーによって、ルーチン的にくじかれてしまいます。ですが、ヤンキースやドジャースのようなすばらしいチームが劣った敵を対戦する時には、-300以上のマネーラインの本命によくなります。その価格では、本命チームは、敵に最低でも4試合中3試合勝たなければ賭ける価値がありません。

ランライム賭けの時には、本命だけに賭ける

野球の得点構造は、他のメジャースポーツとはかなり違うので、スプレッドも同様に異なります。スプレッドはランラインの本命では避けられ、本命はいつでも負けそうなチームの-1.5のです。本命の大きさによって、「影響力」は適切に調整されます。マネーラインでオッズが-300のヤンキースのような大本命に賭けるかわりに、-1.5のランラインに賭けることを検討すべきです。-140から-160の範囲の該当するオッズがある「大物」を見つける可能性があります。まさに1本のホームランで勝つ場合には、断然損失を受けやすいのですが、これは、もっとお得なアプローチです。

ランラインの賭けに興味があるなら、本命だけに賭けましょう。+1.5ランを得ることに賭けるなら、負けそうなチームで見つけることができる価値はまったく排除されます。かわりに、負けそうなチームのマネーラインだけに賭けて、即座に勝つために応援しましょう。そうでなければ、ランラインの価値は残っておらず、あなたが賭けたチームが1本のホームランで負ける場合に、あなたが手に入れるものは保険だけです。

早くロックしすぎない

野球のラインは試合前の夜に利用できることが多くなっていますが、あまり早くにベットの最終決定をしないようにしましょう。マネージャーは試合の数時間前まで先発メンバーを公表しません。マイク・トラウトがメンバーにいないのに、エンジェルスに賭けても大丈夫ですか?ですから、安心して賭けることができるように、常に先発メンバーが公表されるまで待った方が良いでしょう。

さらに、ゲーム開始時にラインが掲載される間に天気予報が変わることがあります。審判によってはストライクゾーンが他の審判とは大きく違うことがあるので、試合の審判陣をも必ず確認しましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *